丘を越え川に沿い(町田市)2016-0423

 
 曇り空の土曜日、町田市内を歩きました。いくつもの丘を越え、川に沿って歩く中で思わぬ発見も多く、充実した歩行になりました。

 この日歩いたコースをスマホアプリ「MapMyHike」の地図画面で掲載します。
↓歩いたのは、概ねこんなコースです。
MMH160423>大蔵町田
 地図右上・町田市大蔵町の市民センター前バス停をスタートして、薬師池公園、忠生公園、境川沿いの歩道などを経由して、地図右下・町田駅のゴールまで、L字を描くようにおよそ14キロ、コースタイムは約3時間半でした。

 最初は、今開花の時期を迎えているボタン園やえびね苑に行こうかとこのエリアの地図を見ていましたが、観光地に用意されたものを見に行くのは、もう少し年をとってからでもよいかと思い、あえてコースからは外しました。

 出発前に計画した目的を達成するためだけに移動するのではなく、知らない街角での発見、思いがけない風景や植物・生物との出会いなど、計画していないことが起きるのがいいところ。絶えず自分の意思で移動し、見るもの・感じることも自分しだいになる「歩く旅」の面白さなのです。

 この日の天候は、曇り。気温は、スタート時におよそ15℃、ゴール時におよそ19℃でした。
アメダス府中観測所2016-0423
 途中でウインドブレーカーを脱いで長袖シャツ1枚で歩き、うっすらと汗をかきました。夏が近づいていることを肌で実感できました。

↓下左: 立派なハナミズキが満開でした@鶴見川(町田市大蔵町)
160423E 004ハナミズキ@鶴見川32 160423E 008薬師台の街並32
↑上右: 整然と並ぶ薬師台の住宅地@金井緑地・榛名坂陸橋(町田市金井)より

↓下左: 薬師池公園のツツジ
160423E 020薬師池公園32 160423E 027薬師台菜の花32
↑上右: 谷間が菜の花で埋まる@薬師池公園南側(町田市山崎町)
 黄色い花に引き寄せられるように、思わずコースを変更してしまいました。

↓下左: 忠生公園 
 谷の下流側は生物保護のためか、あるいは保安上の理由か、幹線道路の大橋の下で園内と園外の行き来はできません。歩く道がスムーズに繋がっていないのは少し残念。
160423E 037忠生公園32 160423E 048境川32
↑上右: 町田市木曽から森野にかけての境川沿い・右岸(西)側は、傾斜のある樹林地が川のそばに迫っているところがあり、木陰を作っています。路面が未舗装のところもあるため自転車の通行量も少なく、歩く人にはこちら側がオススメです。

↓下左: 境川の右岸側はだいたい相模原市なのですが、川が蛇行していた時の名残でところどころに東京都管理地という看板の立つ三日月型の土地が散見されます。
160423E 063右岸の都有地32 160423E 075鵜野森緑地32
↑上右: 鵜野森公園・斜面緑地の遊歩道@相模原市鵜野森

 いきものは、カワトンボ、カメ、ムクドリ 等を見ることができました。
 境川で見ることができたコジュケイとカワセミについては、後日別ページに画像を掲載する予定です。

撮影日時:2016年4月23日
機材:カメラE+レンズT

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 上谷戸 野鳥 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 黒川 タヌキ 都筑  公園 カモ 長峰  コサギ 植物 ふれあいの森 ツグミ チョウゲンボウ メジロ クモ ホタル  ルリビタキ 稲城中央公園 ヒヨドリ  猛禽  市民団体 桜ケ丘  賽の神 歴史 カエル オタマジャクシ スズメ  震災 多摩市 京王よみうりランド 歩く道 花火 周辺 夜景 小野路 アオサギ  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車 キジ  はるひ野 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 秩父  カラス 小田良 オナガ シロハラ     アカハラ  

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード