多摩川北岸三角コース2016-0131


 冬の休日、自宅から多摩川北岸を通り、三角形に周遊するルートを歩きました。

 この日歩いたコースを、スマホのアンドロイドアプリ「My Tracks」の地図画面で掲載します。歩いたのは、概ね↓こんな道筋。(画像下中/通常地図と同じ上が北の表示です)
160131E 040雛人形1570 track160131多摩川北岸720-834 160131E 043恐竜1570

 自宅のある稲城市若葉台をスタート、桜ケ丘公園を抜けて関戸橋、多摩川北岸を東へ進み府中市郷土の森、是政橋を渡り返して向陽台を抜けて若葉台へ戻りました。地図上の経路の軌跡が、ちょうど今が季節のイチゴの実を描くような三角形になりました。郷土の森の園内をウロウロしたら、偶然にもイチゴのヘタのような部分も描けてしまいました。
 歩行距離は、郷土の森の中での散策も含めておよそ16キロ、道草多めで、コースタイムは約5時間でした。
写真↑上左:早くも雛人形展示↑上右:恐竜 いずれも@府中市郷土の森 

 稲城市の多摩川南岸(関戸橋と是政橋の間)は歩行者も通行できる道がないので、このようにやや長いコースになってしまいます。稲城で川沿いのウォーキングコースを組み立てる時の最大の制約事項になっています。

 この日の天候は、曇り時々晴れ。冷え込み・北風は弱く、気温はスタート時におよそ0℃、ゴール時におよそ8℃でした。
アメダス府中観測所

野鳥は、ガビチョウ、シロハラ、シメ、アオサギ 等が見られました。

↓下左: 水路の上に伸ばした枝が花盛りの梅@関戸(多摩市)
160131E 027梅@関戸32 160131E 042梅@郷土の森32
↑上右: 白梅の道@府中郷土の森
梅園の咲き具合はまだ2~3分

↓下左: ロウバイの小路@府中郷土の森
こちらは満開を過ぎていますが、まだ多く花が残っています。黄色一色の世界は見ごたえがあります。匂いも独特。
160131E 052ロウバイの道32 160131E 064虹の噴水32
↑上右: 虹が見える噴水@城山公園(稲城市)

府中市郷土の森
 入口を西側にも作ってもらえれば、多摩川を歩く途中で立ち寄りやすいのにと思います。立派な博物館があって、入園料200円とは思えないほど豪華な展示。稲城の郷土資料館と差があり過ぎます。いつも思いますが、府中市はお金持ちでうらやましいですね。
 園内の飲食店も、お抹茶、だんご、ラーメン、洋風ミュージアムカフェ、移動販売車の焼きサンマ と選べる充実ぶり。私は、郷土の森の入口にある物産館のカフェテリアで、府中市名物「黒米うどん」を食べてみました。特徴を出そうとする試みは評価しますが、もっとインパクトが欲しいですね。

おまけ
160131E 029犬にボール@多摩川31
↑上: 河原でリードを外してもらい、ボールを追う犬@関戸(多摩市)

撮影日時:2016年1月31日
機材:カメラE+レンズT

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 野鳥 上谷戸 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 黒川 都筑 タヌキ  カモ 公園 長峰  コサギ 植物 ツグミ ふれあいの森 チョウゲンボウ メジロ  ホタル ルリビタキ 猛禽 稲城中央公園  ヒヨドリ 秩父 スズメ  市民団体 賽の神 歴史 カエル 桜ケ丘 京王よみうりランド  クモ  震災 多摩市 オタマジャクシ アオサギ 歩く道 花火 周辺 夜景 小野路  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車 キジ  はるひ野 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 オナガ  カラス 小田良 シロハラ アカハラ      

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード