青葉区から稲城市へ2016-0124

 
 この冬一番と言われる寒波が襲来した週末、横浜市青葉区から稲城まで歩きました。

 この日は九州や奄美でも降雪があったとのニュースが流れていました。幸い関東には雪は降りませんでしたが、この日は足元を心配して、ややおとなしめに住宅街を抜ける道が多めのコースを選びました。

 
 この日歩いたコースを、スマホのアンドロイドアプリ「My Tracks」の地図画面で掲載します。歩いたのは、概ね↓こんな道筋。(上が西、右が北の表示です)
track160124下鉄>よみラ(横)125
 往路は、若葉台から市ヶ尾行きの神奈中バスを利用。地図左端の横浜市青葉区・鉄町(くろがねちょう)の「下鉄黒須田口」バス停をスタートして、相模原線の京王よみうりランド駅(稲城市矢野口)まで、地図から地形を推測して、川沿いあるいは尾根上の眺めの良さそうなところ、公園などを渡り歩くようにおよそ13キロ、コースタイムは昼食休憩も入れて約4時間でした。

↓下左: 農村の雰囲気が残る道@横浜市青葉区鉄町
160124E 002鉄町32 160124E 011荏子田朝霧公園32
↑上右: 住宅地の中の階段@横浜市青葉区荏子田

↓下左: 農地・墓地・住宅地が混在@川崎市宮前区潮見台/左の住宅地は横浜市青葉区美しが丘西
160124E 021潮見台32 160124E 033東百合丘4緑地
↑上右: 住宅街の中で貴重な東屋とベンチのひだまり@川崎市麻生区東百合丘4丁目緑地
 
↓下左: 急坂を登って来るバス。背後には日本アルプスのように雪を乗せた丹沢山系の山並みが見渡せました@川崎市麻生区王禅寺西(団地坂)
160124E 034団地坂バス32 160124E 045多摩美32
↑上右: 最後は丘を越える自然歩道で稲城を目指す@川崎市麻生区多摩美

 東百合丘や西生田付近では、想像以上に起伏に富んだ険しい地形が住宅で埋められているのに驚かされました。サッカーや野球のグラウンドも多く見られました。最大多数住民の幸福と効率的な土地利用の結果出来上がった風景だと感じました。
 
 この日の天候は、晴れですが、日射しは弱く気温は10℃を上回ることなし。北風が吹くと身にしみる寒さでした。
アメダス府中観測所2016-0124

 行動中に食べ物を補給できたお店として、津久井道(世田谷通り)沿いの高石歩道橋下のコンビニエンスストアが利用できました。小道から幹線道路に出たところにあり、またすぐ遊歩道に入れるので、このようなコースを歩くにも都合のいい場所で、ありがたく思いました。

 また、買い物はできませんが、よみうりランド裏手の川崎市農業技術支援センター(フルーツパーク)の休憩所は、北風が冷たいこの時期に、屋内で休憩できて飲食可能なありがたい場所です。サッカーの練習場や遊園地が見えて、見晴らしもまずまず。
 お弁当を広げる人、寒風知らずのひなたぼっこをする人の姿も見られました。
↓こんな写真にもチャレンジ
160124E 053バンジーSQ 160124E 065ループコースターSQ
左:バンジージャンプ、右:立ち乗り宙返りコースター

撮影日時:2016年1月24日
機材:カメラE+レンズT

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 上谷戸 野鳥 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 黒川 タヌキ 都筑  公園 カモ 長峰  コサギ 植物 ふれあいの森 ツグミ チョウゲンボウ メジロ クモ ホタル  ルリビタキ 稲城中央公園 ヒヨドリ  猛禽  市民団体 桜ケ丘  賽の神 歴史 カエル オタマジャクシ スズメ  震災 多摩市 京王よみうりランド 歩く道 花火 周辺 夜景 小野路 アオサギ  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車 キジ  はるひ野 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 秩父  カラス 小田良 オナガ シロハラ     アカハラ  

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード