橋本から堀之内2016-0116

 
 真冬の土曜日、橋本駅から京王堀之内駅まで大きく円を描くように、山越えと川沿いの道を組み合わせ、およそ19キロを歩きました。なかなか変化に富んだルートになりました。



 この日歩いたコースを、スマホのアンドロイドアプリ「My Tracks」の地図画面で掲載します。歩いたのは、概ね↓こんな道筋。(上が北/北が左・右の表示です)
160116E 034梅@宇津貫緑地511 track160116橋本>片倉>堀之内1211 160116E 055@平山城址511
左:ほころび始めた梅?@宇津貫緑地
右:枝に残った小丸柿?@平山城址公園

 橋本駅から北西に向かい、境川を渡り、相原の清水寺から丘を越え、造形大学南側の尾根道を通り八王子みなみ野(七国)へ。最近整備されている宇津貫緑地や、つどいの森・片倉城址にも立ち寄りつつも、その後は概ね、兵衛川、湯殿川、浅川の川沿いを歩き、最後は平山城址公園を超えて京王堀之内駅をゴールにしました。(若葉台に戻るために電車賃と時間の節約を兼ねています)
 横浜線、京王線の線路に近いところを歩いた割には車のあまり多くない道筋をつなぐことができました。
 コースタイムは約5時間でした。

 駅のそばで少し道を逸れればコンビニが多数あり、行動中に食べ物を補給できるお店は十分です。この日は風が弱くお天気もよかったので、公園の日だまりでコンビニで買ったものを食べました。8種の野菜が入ったピリ辛餃子スープ(温めますか?>もちろん!)、もずく入り納豆巻き、炙りタラコおむすび。寒い季節に暖かいものを屋外で食べるのが一番の贅沢だと思います。

 この日の天候は晴れ、歩行中の気温は5~10℃の間で推移したものと思われます。
 >アメダス八王子観測所

↓下左: 造形大学南側の山道@町田市相原と八王子市七国の境界
 野鳥の気配が感じられました。姿は写せず。
160116E 010@相原七国32 160116E 032宇津貫池32
↑上右: 宇津貫緑地の池@八王子市七国
 西側は工業団地。調整池として作られたようです。上流には、立入禁止の自然保護地区がありました。できればその近くを通る自然歩道を相原につなげて欲しいところです。この日は、ゆりかご幼稚園の西側まで迂回を強いられました。

↓下左: 兵衛川と湯殿川の合流地点@八王子市片倉町
160116E 045合流点32 160116E 051川辺の道@長沼32
↑上右: 浅川沿いの道@八王子市長沼町
この先で、浅川南岸の川辺の道はいったん途切れます。自転車に乗ったまま堤防から降りる道はないとの表示

↓下左: 平山城址公園は、旧・多摩テックの方向を東園として広げています。
その一部・元は平山小学校だった施設と薬科大学の間の「ヤマツツジの小路」付近@八王子市堀之内
意外に起伏がありました。
160116E 060@平山城址公園32 160116E 067宮嶽谷戸32
↑上右: 平山城址公園・東園の「終わりと始まりの広場」から南方向へつながる道@八王子市堀之内
 宮嶽谷戸というらしい。よくぞ歩く道をつなげてくれました。近くにはヘラブナ釣り場や谷戸奥の農地風景が見られます。

撮影日:2016年1月16日

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 野鳥 上谷戸 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 黒川 都筑 タヌキ  カモ 公園 長峰  コサギ 植物 ツグミ ふれあいの森 チョウゲンボウ メジロ  ホタル ルリビタキ 猛禽 稲城中央公園  ヒヨドリ 秩父 スズメ  市民団体 賽の神 歴史 カエル 桜ケ丘 京王よみうりランド  クモ  震災 多摩市 オタマジャクシ アオサギ 歩く道 花火 周辺 夜景 小野路  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車 キジ  はるひ野 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 オナガ  カラス 小田良 シロハラ アカハラ      

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード