見沼用水を歩く2015-1227


 さいたま市東部の見沼代用水に沿う道を歩きました。


 この日歩いたコースを、スマホのアンドロイドアプリ「My Tracks」の地図画面で掲載します。歩いたのは、概ね↓こんな道筋。(左が北になる表示です)
track151227見沼(横)115
 地図中右下のJR武蔵野線・東浦和駅をスタートして、見沼自然公園まで、概ね往路は西縁、復路は東縁と呼ばれる用水路沿った遊歩道をたどり、およそ17キロのコースになりました。休みを多めにとって、所用時間は約4時間半でした。

 東浦和の駅からすぐに水路と農地に沿ったのどかな道が続きます。看板によれば、この付近は江戸時代に沼を干拓して開墾された土地だそうで、その場所に家を建てる人はいないため、芝川をはさんだ幅1キロほどの範囲が農地、遊水地、スポーツ施設等に利用され、広々とした風景が見られます。

↓下左: 水路沿いを行く道@西縁(芝原)
151227E 015見沼西縁32 151227E 067見沼東縁32
↑上右: 水路沿いを行く道@東縁(上野田)

↓下左: 背の高い並木がちょっと北海道のような風景@見沼大橋付近 
151227E 032見沼32 151227E 031芝川32
↑上右: 芝川の向こうには大宮方面の高層ビルが見えました@見沼大橋付近

↓下左: ロウバイ@見沼自然公園
151227E 03944ロウバイ@見沼自然公園32 151227E 063見沼自然公園32
↑上右: 水鳥が集まる池@見沼自然公園

 全行程を通じて車が入れない部分が多く、幹線道路の横断も少なく、海も山もなく地図上は市街地に囲まれているのに、俗世間を忘れて4時間も歩けるのは、いまどき貴重なルートと言えるでしょう。遠出した甲斐がありました。

 食料や飲み物を補給するお店が少ない(探せばたぶんあると思いますが通らない)ので、最後は空腹で歩きましたが、休憩場所やトイレを利用できる公園、道すがら歴史を語る案内板が多いのはうれしく思いました。

 最後は埼玉の玉川上水のような風景の「通船堀」跡を抜けると、突然東浦和駅の前に飛び出し、昔の治水や舟運の歴史に思いを馳せる歩く旅人から、いきなり現実世界に引き戻されてしまいました。

撮影日時:2015年12月27日
機材:カメラE+レンズT、M

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 上谷戸 野鳥 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 黒川 タヌキ 都筑  公園 カモ 長峰  コサギ 植物 ふれあいの森 ツグミ チョウゲンボウ メジロ クモ ホタル  ルリビタキ 稲城中央公園 ヒヨドリ  猛禽  市民団体 桜ケ丘  賽の神 歴史 カエル オタマジャクシ スズメ  震災 多摩市 京王よみうりランド 歩く道 花火 周辺 夜景 小野路 アオサギ  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車 キジ  はるひ野 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 秩父  カラス 小田良 オナガ シロハラ     アカハラ  

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード