遠出して知る地元の良さ2015-10


 最近少し足を延ばして遠出していましたが、その後で自宅周辺の定番コースを歩いてみたら、その魅力的な面を再確認することができました。
コース: 小野路から多摩境へ


 この日歩いたコースをスマホのアンドロイドアプリ「My Tracks」の地図画面で掲載すると、歩いたのは、概ね↓こんな道筋。
151018Gtracks 004街道口>多摩境25
 若葉台から鶴川行きのバスで街道口バス停で下車。(地図右端)ここをスタートに、野津田公園、万松寺谷戸、奈良ばい、小山田緑地、尾根緑道 と、緑地を渡り歩き、京王相模原線・多摩境駅のゴール地点まで、およそ12キロでした。
 道草を食わなければマイナス1キロ、スタートを若葉台・黒川・鶴川などの駅にするとプラス2~3キロになります。コースタイムは、休憩を含めて約3時間半でした。途中お店(コンビニ等)は、ほとんどありません。

 あらためて気づいたこのコースの良さとしては、
・ほとんど車道を歩かない(幹線道路の横断が3か所程度、地元の軽トラしか走らない道が2割程度)
・変化がある(農地、水辺、草地、里道、公園、木道、大規模遊歩道などほどよく混ざる)
・土を踏める道が多い
・野鳥や昆虫など、生きものとの出会いが期待できる
などでしょうか。

 地元以外の場所では、みつけられていないだけである可能性は否定しませんが、東京近郊でこれだけ緑に恵まれた中を連続して歩くことができる場所は、なかなかないと思います。それこそ、「**遺産」として指定するぐらいの価値があるのではないでしょうか。

 逆に短所としては、最適に緑地を結ぶための分岐点でのルート判断が難しいことです。ガイドマップがあっても、初めて歩く人には、かなり難しいと思います。

↓下左: 野津田公園
151018E 006野津田P32 151018E 030万松寺谷戸32
↑上右: 万松寺谷戸

↓下左: 小山田緑地
151018E 071小山田緑地32 151018E 083小山内裏P32
↑上右: 小山内裏公園

撮影日時:2015年10月18日
機材:カメラE+レンズT

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 野鳥 上谷戸 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 黒川 都筑 タヌキ 秩父  公園 植物   カモ ふれあいの森 歴史 チョウゲンボウ メジロ ツグミ コサギ 長峰 ホタル ルリビタキ  クモ 猛禽 ヒヨドリ スズメ カエル 賽の神 はるひ野 桜ケ丘 京王よみうりランド  市民団体   稲城中央公園 多摩市 震災 オタマジャクシ 小野路 花火 アオサギ 周辺 歩く道 夜景  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車  キジ 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 オナガ  カラス 小田良 シロハラ アカハラ      

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード