炭鉱があった町2015-0910

 
 仕事で訪れた町で、早起きして時間を作り歩きました。
 ここは昔、大規模な炭鉱があった場所。その痕跡がまだあちこちに見られます。
 最近、世界遺産にも指定されたので、観光客誘致に勢いをつけたいところ。

 この日、関東は大雨でしたが、こちらは初秋を思わせる晴れ間が広がっていました。

↓下左: 使われなくなった鉄道の引き込み線を下から。
150912E 006線路の下169 150910J 187煙突169
↑上右: 石炭記念公園の煙突。遠くからでも見えたので、辿りつくことができました。

150910J 186トロッコ916
↑上: 煙突の下には、昔使われていた地下の炭鉱に向かうトロッコが展示してありました。向かった先は椅子の座面を斜めに取り付けるほど傾斜のきつい線路です。これで地底深くまで、過酷な重労働に向かう人たちの気持ちは、どんなだったでしょうか。
↓下: 高台から墓地を見おろす。草に埋もれた墓も少なくありません。 
150910J 191墓地916

 石炭の採掘は江戸時代から1997年まで行われ、坑道は地下数百メートル・海底直下まで掘り進められたそうです。
 昔の栄華の痕跡だけが残り、今は新たな賑わいが目立たない町ですが、近代化を推進するエネルギーを生み多くの人々の暮らしを支える一大プロジェクトを動かした先人たちのチャレンジ精神に、敬意を払いたくなるひと時を持つことができました。

 歩き終えたら、はるか昔の人々の営みへの思いから、今自分が果たすべき仕事へ、気持ちの切り替えが必要。

撮影日:2015年9月10日
場所:福岡県大牟田市
機材:カメラE+レンズT、カメラJ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 野鳥 上谷戸 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 黒川 都筑 タヌキ  カモ 公園 長峰  コサギ 植物 ツグミ ふれあいの森 チョウゲンボウ メジロ  ホタル ルリビタキ 猛禽 稲城中央公園  ヒヨドリ 秩父 スズメ  市民団体 賽の神 歴史 カエル 桜ケ丘 京王よみうりランド  クモ  震災 多摩市 オタマジャクシ アオサギ 歩く道 花火 周辺 夜景 小野路  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車 キジ  はるひ野 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 オナガ  カラス 小田良 シロハラ アカハラ      

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード