切られた柿の木

京王線高架下にあった大きな柿の木。根元から5メートルくらいまでを残して、大部分を切られてしまいました。

 場所は、若葉台駅から総合高校へ向かう歩道の途中から右へそれて、黒川方面に向かう小道の脇です。切りそろえられた枝が道端に置いてありましたから、最近切られたようです。

 この大木、あまりに高いところから柿の実が落ちてくるので、実をつける時期には路面が落下した柿の残骸でいっぱいになることもありました。秋に通る時は頭上を見上げて恐る恐るでしたが、枝葉をほぼすべてバッサリと切られてほとんど幹だけになってみると、ちょっと寂しい感じがします。

切られた柿
撮影:2010年3月13日 (ここはギリギリで)川崎市麻生区黒川 にて

落下した柿の実(2008年秋)

 若葉台周辺で最大級だったこの木も、これだけ枝葉を落とされればさすがにしばらくは実をつけることができないと思いますが、幹はしっかり残っています。強風で倒れていま話題の鎌倉のイチョウほどのダメージではないかもしれませんが、こちらの柿にも再び元気な姿を見せてほしいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 野鳥 上谷戸 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 黒川 都筑 タヌキ  カモ 公園 長峰  コサギ 植物 ツグミ ふれあいの森 チョウゲンボウ メジロ  ホタル ルリビタキ 猛禽 稲城中央公園  ヒヨドリ 秩父 スズメ  市民団体 賽の神 歴史 カエル 桜ケ丘 京王よみうりランド  クモ  震災 多摩市 オタマジャクシ アオサギ 歩く道 花火 周辺 夜景 小野路  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車 キジ  はるひ野 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 オナガ  カラス 小田良 シロハラ アカハラ      

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード