狭山丘陵を歩く2014-11

 
 好天に恵まれた晩秋の三連休の中日。いつも歩いている多摩丘陵の北隣、狭山丘陵に足を伸ばしました。

 南多摩と北多摩の間はあまり交通の便がよくないのですが、数少ない南北交通であるJR武蔵野線と多摩都市モノレールを移動に使い、新秋津駅から上北台駅まで、埼玉県と東京都の境界に沿って緑地公園をつないで歩く半日コースを考えました。

 
 ルートは、新秋津駅>淵の森>八国山緑地>狭山公園・多摩湖>東大和公園>東大和郷土資料館>上北台駅。
 距離にして15キロ弱だと思います。3時間半ぐらい。後でわかったのですが、JR・西武共催のイベントコースにも似ていました。

 最初に訪ねた「淵の森」はアニメ映画監督の宮崎駿さんが会長を務めるグループの保護活動がニュースになりました。柳瀬川の両岸に森が残る場所。駅から近いのにここだけ雰囲気が違います。浅瀬には魚の影、カワセミの姿も見ることができました。

 その先しばらくは、川に沿った歩道がなく、右岸左岸を行ったり来たり。狭くて曲がりくねった道、袋小路も多く、しばらくの間地図とにらめっこです。幹線道路3本と西武新宿線の線路を超えると、八国山緑地の入り口です。

 ここからは、所沢方面に林立する高層ビルを背景に雑木林の風景が対照的です。緩やかな傾斜の尾根道では散歩する人たちも森の静けさを楽しみながら、距離を置いて静かに通り過ぎていきます。朝9時過ぎでしたが、朝のさわやかな空気が残り、アオゲラやヤマガラ等の小鳥の姿も見ることができました。

 八国山公園を出て、西武園遊園地の観覧車を見ながら歩けば、狭山公園の入り口。湖畔の公園だから湖を見おろすのかと思い込んでいたのですがそうではなく、行く手には多摩湖の巨大堰堤が高くそびえており、湖を見るにはもうひとがんばりが必要です。考えてみれば堰止めて作られた人造湖に下流側からたどりついたのですから当然ですが、起伏を読み取るにはロードマップでは限界があることを痛感しました。

 湖の見えるところまでいけば、湖水の青、森の緑、色づいた紅葉、遠くには富士山の円錐形も眺めることができ、少額の交通費・少しの歩きでこれだけの景色が見られれば安いものだと思いました。

 次の東大和公園は、湖がないぶん地味なれど、静かで美しい雑木林が見られました。

 切り通しを抜けて奈良橋川へ降りた近くにある東大和市の郷土資料館を見学した後、上北台駅へ向かいました。
地味ながら充実した半日の旅となりました。

↓下左: 淵の森
141123E 004@淵の杜32 141123E 013@八国山32
↑上右: 八国山緑地から所沢方面

↓下左: 多摩湖
141123E 033@多摩湖32 141123E 046@東大和
↑上右: 東大和公園

撮影日時:2014年11月23日 (アップロードは12月2日と遅くなってしまいました)
機材:カメラE+レンズT

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 野鳥 上谷戸 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 黒川 タヌキ 都筑  公園 カモ 長峰  コサギ 植物 ふれあいの森 ツグミ チョウゲンボウ メジロ クモ ホタル  ルリビタキ 稲城中央公園 ヒヨドリ  猛禽  市民団体 桜ケ丘  賽の神 歴史 カエル オタマジャクシ スズメ  震災 多摩市 京王よみうりランド 歩く道 花火 周辺 夜景 小野路 アオサギ  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車 キジ  はるひ野 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 秩父  カラス 小田良 オナガ シロハラ     アカハラ  

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード