早野ため池めぐり

 
 車でいつも通る道のすぐ脇にも、歩いてみなければわからない思いがけない風景があるものです。

 
 東急田園都市線あざみ野駅からバスで10分ほどの、すすき野・虹ヶ丘の団地エリア。
 計画的に開発された団地で広々とした街路デザインとなっています。

 そのすぐ西側の早野地区の丘陵沿いのエリアは、造成されて大規模な墓地(=早野聖地公園)にとなっているものの、谷戸地形や森林エリアも残されていて、古くはため池として使われていた池が多数点在しています。
 地図によると、堤入池、滝ヶ谷池、林ヶ池、五郎池、上池、下谷池、中ノ谷池の7つの池の名前を確認することができ、この日はそのうちの5つを訪ね歩きました。

↓下左: 虹ヶ丘小学校バス停からすぐに谷戸(&墓地)に降りる立派な木道が続きます。
140726E 022B堤入池上32 140726E 034B林ケ池32
↑上右: 高い位置から見る林が池。水面の半分以上は蓮の葉に覆われていました。

↓下左: 林ケ池の周囲についている木道。(墓参り歩道?)
140726E 037B林ケ池B32 140726E 050B早野山百合32
↑上右: 池巡りの途中で見つけたヤマユリ

↓下左: ウシガエルが大きな声で鳴いていた五郎池
140726E 051B五郎池32 140726E 055B上池32
↑上右: 鬱蒼とした樹木に覆われた上池

 どの池も厳重にフェンスで囲まれ水辺に近づくことはできませんが、周囲には多くの虫や鳥の姿を見ることができました。

 この日は標準レンズだけしか持っていなかったので、あまり生きものの写真を残すことはできませんでしたが、鳥ではガビチョウやカワセミ、トビ(またはタカ?)の姿も見ることができました。
 また、多数のトンボやウシガエル、おそらくその子供と思しき特大(大人の小指ほど)のオタマジャクシも水の中に発見。
 散策の気がかりは「マダニが流行」との看板があったのがちょっと心配です。藪を歩いたらこまめに着替えて洗濯しないといけませんね。(その意味でも日帰り温泉に立ち寄って帰るのは有効です)

撮影日時:2014年7月26日7時ごろ
場所:川崎市麻生区早野
機材:カメラE+レンズS

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 上谷戸 野鳥 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 黒川 タヌキ 都筑  公園 カモ 長峰  コサギ 植物 ふれあいの森 ツグミ チョウゲンボウ メジロ クモ ホタル  ルリビタキ 稲城中央公園 ヒヨドリ  猛禽  市民団体 桜ケ丘  賽の神 歴史 カエル オタマジャクシ スズメ  震災 多摩市 京王よみうりランド 歩く道 花火 周辺 夜景 小野路 アオサギ  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車 キジ  はるひ野 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 秩父  カラス 小田良 オナガ シロハラ     アカハラ  

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード