セミ羽化のドラマ2014-07


 暑い夏に更に夏らしさを感じる鳴き声を聞かせてくれるセミたち。
 脱皮は何年か土の中に居た幼虫がいよいよ大空に飛び立つ生涯最大のイベントです。


 夏の朝、八王子市内の公園で、多数のニイニイゼミの抜け殻を発見。前夜(7月20日)の宵の口に降った激しい雨の影響でしょうか。中には無事に飛び立つことができなかったと思われる個体も見られました。

 飛び立てなかったものはかわいそうですが、これを見ると、羽化に成功して元気に鳴くセミたちには、その分も存分に生きて欲しいというエールを送りたい気持ちになりました。

写真
↓下左: こちらは無事に羽化したもの。全長1センチくらいの土をかぶった丸っこい抜け殻が木の幹の比較的低い位置に多数見られました。
140721E 008ニイニイ抜け殻SQ 140721E 019抜け出せずSQ
↑上右: 頭だけ出して抜け出せず、ニッチもサッチもいかなくなって翌朝を迎えたもの。まだ生きていて時々頭を動かします。なんとか脱皮が進まないかと30分ほど見ていましたが全く進行しません。このまま動けなくなる可能性大と見たのか、小さなアリたちが無遠慮にセミの体の柔らかそうなところに食いつこうとする仁義なき世界。

上2枚と下左1枚は、
 撮影日時:2014年7月21日8時ごろ
 場所:八王子市大平公園
 機材:カメラE+レンズM

↓下左: こちらは、脱皮が完了して羽が伸びるところまでいったものの、体は白いまま。羽化の最終プロセスが停まって体が乾いてしまいました。
140721G 003出たのに飛べずSQ 140726E 047ニイニイゼミSQ
↑上右: 別な場所ですが、ニイニイゼミの成虫。アブラゼミやミンミンゼミよりも背中の模様がキレイです。
 撮影日時:2014年7月26日7時ごろ
 場所:川崎市麻生区早野聖地公園
 機材:カメラE+レンズS


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 野鳥 上谷戸 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 黒川 都筑 タヌキ 秩父  公園   植物 ふれあいの森 カモ 歴史 チョウゲンボウ メジロ ツグミ コサギ 長峰 ホタル ルリビタキ  クモ 猛禽 ヒヨドリ スズメ カエル 賽の神 はるひ野 桜ケ丘 京王よみうりランド  市民団体   稲城中央公園 多摩市 震災 オタマジャクシ 小野路 花火 アオサギ 周辺 歩く道 夜景  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車  キジ 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 オナガ  カラス 小田良 シロハラ アカハラ      

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード