開発計画と生きものたち

 
 最近、新たな開発計画が明らかになった若葉台地区。
 空き地や森だったところに調査や整地のために手が入れば、追い出された生きものは、いつもと違った驚くような場所に現れることがあります。

 
若葉台の新たな開発計画とは、
 ユニディ北側(I25区画):電気屋さん、自転車屋さん、喫茶店、回転寿司(2014年春完成)
 PCデポ南側(I24区画):5階建てマンション(2015年春完成)
です。気づいてみれば、大きな空き地も残り少なくなり、若葉台の開発余地もあとわずかになってまいりました。

 そういった計画が発表されたから、というわけでもないかもしれませんが、最近思いがけない場所に現れた生きものを見たので、写真の写りはいまひとつですが、掲載します。

130629H 008FSキジA 130629H 006FSキジB
撮影:2013年6月28日、若葉台2丁目
 これまでたびたび現れていたPCデポ隣接地に地質調査が入っていたからかもしれません。バス通りを横断して向かい側のマンション植え込みにやってきたキジ。早朝とはいえ、バス通りの中央分離帯や車道上を闊歩して人の多いマンション側にやって来る様子は、野性動物とは思えない大胆な行動です。


130629H 010たぬA 130629H 010たぬB
撮影:2013年6月29日、上谷戸
 毎年ホタルを見に多くの人がやってくる上谷戸でも、本部テント向かい側の土地が整地されて何らかの変化が起こりそうです。写真はその付近でばったり出くわしたタヌキ。わずか3秒の対面で1枚だけ撮れた画像です。

 というわけで、少なくとも今後2年程度の間、意外な場所に生きものが現れる可能性があり、ますます目が離せなくなりそうです。願わくば、建設工事等が完成しても人間の近くに住み続けて時々姿を見せて欲しいものですが、生きものにとっての本来あるべき居心地のよい環境を追うのであれば、黒川や町田方向に移動していくのが自然な姿ではないかと思えます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 野鳥 上谷戸 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 黒川 タヌキ 都筑  公園 カモ 長峰  コサギ 植物 ふれあいの森 ツグミ チョウゲンボウ メジロ クモ ホタル  ルリビタキ 稲城中央公園 ヒヨドリ  猛禽  市民団体 桜ケ丘  賽の神 歴史 カエル オタマジャクシ スズメ  震災 多摩市 京王よみうりランド 歩く道 花火 周辺 夜景 小野路 アオサギ  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車 キジ  はるひ野 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 秩父  カラス 小田良 オナガ シロハラ     アカハラ  

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード