今週の生きものたち2013-429


 この3日間(2013年4月27~29日)で、タヌキ以外にも多くの生きものに出合うことができました。連休の早朝なので歩いた場所に人が少ないから生きものが出てくるのか、それともいつもよりも時間に余裕があるから見つけることができたのか、たぶん両方だと思います。

画像:アオスジアゲハ、キアゲハ、ヒヨドリ、ツバメ、カワウ、アオサギ、コジュケイ、スズメ、カメ

130428H 125アオスジ 130427H 006キアゲハ
↑写真①左:アオスジアゲハ、2013年4月28日、横浜市都筑区にて
  カナメモチの花にやって来たもの。
↑写真②右:キアゲハ、2013年4月27日、稲城市若葉台にて
  ツツジの花にやってきたもの。


130429H 003ヒヨ 130427H 020ツバメ
↑写真③左:ヒヨドリ、2013年4月29日、府中市西府町にて。
 崖上の遊歩道から同じ目の高さの枝に居るのを撮影。
↑写真④右:ツバメ  2013年4月27日、稲城市若葉台にて
  若葉台駅の改札前に毎年巣を作るツバメたち。この日は駅周辺に少なくとも10羽ほどが飛び交っていました。


130428H 005アオサギ 130428H 034カワウ
↑写真⑤左:アオサギ、2013年4月28日、横浜市都筑区にて。
  神経質なアオサギですが、15メートルほどまでの接近を許してくれました。ちなみに小野路や上谷戸では50メートルぐらで逃げてしまいます。  
↑写真⑥右:カワウ、2013年4月28日、横浜市都筑区にて。
  羽を広げて毛繕い。逆光に羽の輪郭が鮮明に浮かび上がりました。


130428G 009コジュ 130429G 028スズメ
↑写真左⑦:コジュケイ 2013年4月28日、横浜市都筑区にて
  朝の公園で、繁みから出てきてお散歩です。
  このコジュケイは不思議に人を恐れず、私から2メートルほどのところをゆっくりと通り過ぎ、目の前でかん高く「チョットコイ」の声を張り上げで仲間を呼んでいました。
↑写真⑧右:スズメ、2013年4月29日、国立市谷保にて。
 里道を歩いていたら、スズメが路上に落ちていました。気絶しているようでしたが、しばらくして目を開けました。何らかの理由で怪我をしたものの、一命を取り留めたようです。
 通りがかった自転車に作業服のおじさんが、道端の藁の上に寝かせてやると、回復を待つようにしだいに目の輝きを取り戻していきました。


130428H 055カメ
↑写真⑨:カメ、2013年4月28日、横浜市都筑区にて。
 時として素早く水中に引っ込んでしまうので、そっと接近して1メートルほどの距離からマクロモードで撮影。カメの胸元や甲羅の内側・下側には黄色い複雑な模様があることを確認。顔もよく見るとカボチャみたいな模様があり、なおかつ爬虫類らしい勇ましい憎たらしい顔をしているのがこの写真でよくわかりました。


 ほんの少しだけタイミングが違っても気づかなかったかもしれない生きものとの出会いは、偶然の積み重ねで起こる奇跡です。大切に記録にとどめておきたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 野鳥 上谷戸 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 黒川 タヌキ 都筑  公園 カモ 長峰  コサギ 植物 ふれあいの森 ツグミ チョウゲンボウ メジロ クモ ホタル  ルリビタキ 稲城中央公園 ヒヨドリ  猛禽  市民団体 桜ケ丘  賽の神 歴史 カエル オタマジャクシ スズメ  震災 多摩市 京王よみうりランド 歩く道 花火 周辺 夜景 小野路 アオサギ  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車 キジ  はるひ野 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 秩父  カラス 小田良 オナガ シロハラ     アカハラ  

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード