16か月ぶりの小田良の森

 
 2012年4月1日、稲城市坂浜の「ふれあいの森」(通称「小田良の森」)の一般公開が16か月ぶりに再開されました。

 例年ここは4月から11月まで一般公開されていました。昨年(2011)年は地主さんの意向で一年中閉鎖されていましたが、今年の2月ごろから敷地内に作業用と思われる車両の姿がチラホラ見られ、市役所のホームページには放射性物質の調査結果も出たりして、公開再開に向けて準備が進められているようでした。

 そして今日、ひさびさの公開です。敷地内には新しいベンチや、竹を使った手すり など、公開のために手をかけたと思われる場所があちこちに見られます。どこからお金が出ているのかわかりませんが、利用者を(勝手に)代表して、御礼を申し上げたいと思います。
 120401G 007ふれ森入口 120401G 032新ベンチ

 南の泉は、元のまま残っていましたが、かつて秋には落ち葉の海になっていた雑木林はすっかり切り倒され、表土があらわになった斜面には果樹らしき苗木が等間隔に植えられていました。個人的には、この部分の雑木林が最も好きだったのでちょっと残念に思いました。
120401G 030泉上の斜面 120401G 009道路準備
撮影:2012年4月1日、稲城市坂浜・小田良の森、機材G

 森の入り口付近には、幹線道路を通す計画があると聞いています。若葉台と新百合ヶ丘方面を一直線に結ぶ道。どこからトンネルになるのかわかりませんが、入口近くの沢筋には、重機がいくつか置いてあったり、赤い目印があったりして、将来の道路工事に備えているのかもしれません。
 この付近では、ノスリらしき鳥を見たことがあります。

旧ブログ関連過去記事>幹線道路を通すならば(2006年9月)

 将来の稲城市民に見せたい風景 を写真に残すためには、しばらく目が離せない場所になりそうです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 野鳥 上谷戸 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 黒川 タヌキ 都筑  公園 カモ 長峰  コサギ 植物 ふれあいの森 ツグミ チョウゲンボウ メジロ クモ ホタル  ルリビタキ 稲城中央公園 ヒヨドリ  猛禽  市民団体 桜ケ丘  賽の神 歴史 カエル オタマジャクシ スズメ  震災 多摩市 京王よみうりランド 歩く道 花火 周辺 夜景 小野路 アオサギ  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車 キジ  はるひ野 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 秩父  カラス 小田良 オナガ シロハラ     アカハラ  

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード