上谷戸のカルガモ母子

 
 上谷戸親水公園の上流で、カモの親子連れを観察しました。

 
 ホタル祭りの後も通行止めのままになっている水辺の歩道の上流部分。まだ通れないのかと残念に思いつつ、車道から水辺を見おろしながら歩いていると、橋の下にメスのカモを発見。近づいてみると、6羽のヒナを連れています。
 人が入ってこないのを知っているのか、比較的のんびりと、子供たちに泳ぎの練習をさせているかのようです。観察するほうも、逃げられる心配なく、ほどよい距離からゆっくり見られます。歩道の通行止めが、思わぬ形で観察のチャンスを与えてくれました。

上谷戸カモ親子
撮影:2010年7月4日 稲城市若葉台・上谷戸親水公園

 ちょうど今日図書館で借りてきた獣医さんが書いた本※によれば、水鳥は、体から出る油を羽根に塗ることで水に浮き、ヒナのうちは親に抱かれることで不足する油脂を補っているそうです。
 親子のふれあいの中にも、生き抜いていくために必要な機能が組み込まれているなんて、なんてうまくできているんだろうと、驚かされるばかり。そう思って見れば、カルガモの親子連れの姿も、ヒナのよちよち歩きや泳ぎがかわいいってだけじゃなく、たいへん神秘的に感じられます。

※竹田津実・著「タヌキのひとり・森の獣医さんの診療所便り」 新潮社・とんぼの本


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 野鳥 上谷戸 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 黒川 都筑 タヌキ  カモ 公園 長峰  コサギ 植物 ツグミ ふれあいの森 チョウゲンボウ メジロ  ホタル ルリビタキ 猛禽 稲城中央公園  ヒヨドリ 秩父 スズメ  市民団体 賽の神 歴史 カエル 桜ケ丘 京王よみうりランド  クモ  震災 多摩市 オタマジャクシ アオサギ 歩く道 花火 周辺 夜景 小野路  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車 キジ  はるひ野 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 オナガ  カラス 小田良 シロハラ アカハラ      

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード