サワガニは生き残ったのか

  
 若葉台の近所で、サワガニの死体を発見。

 現場の住所は厳密に言えば坂浜ですが、若葉台からはすぐ近く。三沢川の右岸側の用水路のある付近です。水が途絶えた水路の溝の底に、殻の横幅が3センチほどのカニの死体をみつけました。

若葉蟹
撮影:2010年5月22日 稲城市坂浜にて

 すぐ近くには、若葉総合高校の方向から流れてくる沢があります。おそらく、その沢筋に生息していたものが、何らかの理由でここまで食べ物を探しにやってきて、死んでしまったのではないかと思われます。片側の足は既に、他の生きものに食べられてしまったようで、ありません。

 気になるのは、この近くで春先から行われた工事です。「都有地」として長らく空き地になっていた土地が、いつの間にか畑に変わっています。カニが住んでいたと思われる沢筋も、工事でかなりの土砂が入り、暗渠区間も増えました。このカニの仲間や子孫たちがはたしてまだ生き残っているのか、たいへん気になるところです。

 稲城市内のサワガニは殻が青くなるという情報もネット上には見られますが、この死体は茶色いカニでした。死後ある程度の時間が経過しているからかもしれません。

関連リンク
・2005~2007年にかけての調査で作られたサワガニレポート
→ 「三沢川流域に生息するサワガニたちの生活」

・himeganiさんの「サワガニ大百科」
→ 三沢川調査(2009年)のページ

・penさん・「Footprints・・・」
→ サワガニの写真

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 野鳥 上谷戸 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 黒川 都筑 タヌキ 秩父  公園 植物   カモ ふれあいの森 歴史 チョウゲンボウ メジロ ツグミ コサギ 長峰 ホタル ルリビタキ  クモ 猛禽 ヒヨドリ スズメ カエル 賽の神 はるひ野 桜ケ丘 京王よみうりランド  市民団体   稲城中央公園 多摩市 震災 オタマジャクシ 小野路 花火 アオサギ 周辺 歩く道 夜景  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車  キジ 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 オナガ  カラス 小田良 シロハラ アカハラ      

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード