FC2ブログ

白谷沢を歩く2018-0818

 
 稲城と秩父を往復する途中で時々通る旧名栗村。(現在は飯能市に併合されています)
 名栗湖(有間ダム)から棒の折山方面へ向かう白谷沢コースを歩きました。

 
 この日歩いたコースをスマホアプリ「MapMyHike」の地図画面で掲載します。
 歩いたのは、概ね↓こんなコースです。
MMH-180818白谷沢SQ
 さわらびの湯近くに車を停めて、有馬ダムから白谷沢を登り、棒の折山の山頂は目指さず、岩茸石から滝の平尾根を下り駐車場に戻るおよそ7キロ。所用時間は休憩を含めて約3時間でした。

 白谷沢の部分は、あえて沢の流れを渡るようなコース取りになっていたり、両側の切り立った壁が幅1メートルほどにまで迫る狭い谷(ゴルジュ)をくぐり抜ける部分もあり。ミニミニ沢登り体験ができるルートです。

 車を停められて、周回コースが組めて、戻って来た近くに温泉があるなんて、すごくいいコース。この3要素が揃う場所は、東京近郊ではなかなかお目にかかれません。

 この日の天候は晴れ。涼しい水辺を歩くコースなのでこの季節に歩こうと思いましたが、連日の猛暑で、なかなか足が向きませんでした。
 ところがこの日は、8月としては異例の涼しさで、暑さに気後れせずにでかけることができました。秩父から山を越えるクルマでの道すがら、山伏峠の温度表示は13℃しかありませんでした。
 歩行中の気温は、スタート時におよそ15℃、ゴール時におよそ20℃でした。
アメダス秩父観測所2018-0818
 乾いた風で湿度も低く、真夏の低山とは思えない快適さでした。

↓下左: 有間ダム湖岸を行く
180820E 004有間ダム32 180820E 019白孔雀の滝32
↑上右: ひと目見たくなるいい名前をもらった@白孔雀の滝

↓下左: 白谷沢のゴルジュ
180820E 013白谷沢23 180820E 038岩茸石23
↑上右: 登り切った尾根上、高さ10mほどの巨岩「岩茸石」

↓下左: 整備された道
180820E 036登山道32 180820E 052名栗川32
↑上右: 滝の入尾根を下りきった名栗川

 都会に近い人気のコースで土曜日とあって、登山者は多い。朝6時に歩き出しても同じ道を同じ方向へ歩く人と10人ほどと会いました。普段は誰にも会わないので急に都会に来た感じ。熊に出会う不安は全く感じません。下山したら駐車場はこれから登る人たちでごった返していました。

 さわらびの湯はいわゆる谷間の市営日帰り温泉。食堂がないのが残念でしたが、お弁当を取り寄せて売っていました。

撮影日:2018年8月18日
場所:埼玉県飯能市

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 野鳥 上谷戸 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 秩父 黒川 公園  都筑 タヌキ  植物  ふれあいの森 カモ 歴史  コサギ メジロ ツグミ 長峰 チョウゲンボウ ルリビタキ ヒヨドリ クモ  ホタル 猛禽 スズメ カエル 賽の神 はるひ野 桜ケ丘 京王よみうりランド  市民団体 多摩市 オタマジャクシ  稲城中央公園 震災 アオサギ 歩く道 小野路 周辺 夜景 花火  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車  キジ 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 オナガ  カラス 小田良 シロハラ アカハラ      

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード