FC2ブログ

熊谷桜堤をを歩く2018-0401

 
 昨年車窓から見て気になっていた秩父鉄道線路沿いの並木道から荒川北岸に沿って、熊谷市中心部に近い「桜堤」まで歩きました。

 
 この日歩いたコースをスマホアプリ「MapMyHike」の地図画面で掲載します。歩いたのは、概ね↓こんなコースです。
MMH-180401熊谷BL-52

 秩父鉄道・明戸駅をスタート。大麻生駅、野鳥の森、桜堤を経由して、熊谷駅のゴールまでおよそ10キロ。所用時間は、休憩を含めて約2時間45分でした。

 この日の天候は晴れ。気温は、スタート時におよそ10℃、ゴール時におよそ16℃でした。
アメダス熊谷観測所2018-0401

 秩父の社宅を出るときは3℃で寒かったので防寒ベストやゴアテックスパーカーを着ていましたが、歩き終わるころには汗をかいてコットンの長袖シャツだけになっていました。手袋やネックウォーマーの必要がなくなった途端に紫外線対策や水分補給が気になります。春・秋がもっと長いといいのに。


駅から遠い国道407号線の荒川大橋よりも西は比較的人が少ないようです。

↓下左: 早朝、明戸駅をスタートして間もなく。人は少ない。
180401E 014明戸河原32 180401E 047スポーツ施設32

↑上右: スポーツ施設は広大。
 早朝の秩父鉄道は部活等で移動する若い人の姿が目立ちます。自分が最年長なのは間違いなく、1車両20人ほどの平均年齢は間違いなく20歳を下回る状態。
 河川敷のグランドでは子供のサッカー大会や女性のソフトボール大会を見ました。広々したスポーツ施設でいくつもの試合が同時進行する余裕があって恵まれた環境です。選手や家族の応援の掛け声も元気で、通りがかるだけでも気持ちがよいものです。

↓下: 大麻生駅付近
180401E 022大麻生付近23 180401E 019秩鉄23

熊谷桜堤には、大きな土手に樹齢30年以上とみられる大木が並び、
根元には菜の花の海が続いて、ピンクと黄色で埋め尽くされる風景が続きます。

週末・満開の桜には誰しも集まる初詣に近い状態。家族の一員である犬連れはもちろんのこと、車椅子の人、タキシードとドレス着用で撮影する新婚外国人カップル、亡くなったお母さんの遺影を胸に抱いてくる人まで、いろいろな想いを持った様々な人が集まりまるで人生の縮図のような状態です。
↓下左: 桜堤
180401E 046桜堤32 180401E 052屋台32
↑上右: 屋台
ジャンクフードの屋台もあらゆる種類のものが揃っています。
この写真はまだ午前中ですが、昼時になれば、さぞかし賑わうことでしょう。

撮影日:2018年4月1日
埼玉県深谷市、熊谷市
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 野鳥 上谷戸 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 秩父 黒川 公園  都筑 タヌキ  植物  ふれあいの森 カモ 歴史  コサギ メジロ ツグミ 長峰 チョウゲンボウ ルリビタキ ヒヨドリ クモ  ホタル 猛禽 スズメ カエル 賽の神 はるひ野 桜ケ丘 京王よみうりランド  市民団体 多摩市 オタマジャクシ  稲城中央公園 震災 アオサギ 歩く道 小野路 周辺 夜景 花火  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車  キジ 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 オナガ  カラス 小田良 シロハラ アカハラ      

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード