FC2ブログ

雨の大垣を歩く2017-1025

 
 出張で空き時間を作って知らない街を散策するシリーズ。この日は岐阜県の大垣駅周辺を歩きました。

 この日歩いたコースをスマホアプリ「MapMyHike」の地図画面で掲載します。
 歩いたのは、概ね↓こんなコースです。
MMH171025大垣BL34
 JR大垣駅のスタートから、駅南側大通りのアーケード、大垣城、水門川遊歩道を経由して、「奥の細道むすびの地記念館」へ。ここは松尾芭蕉が「奥の細道」の紀行を終えた場所だそうです。
 スタート地点の駅に戻るまでおよそ3キロ、所用時間は、見学を含めて約1.5時間でした。

 この日の天候は雨。歩行中の気温はおよそ14℃でした。
アメダス大垣観測所171025

 晴れ間を狙っていたのですが、残念ながら小雨。でも、歩いた道の半分ぐらいは、商店街のアーケードになっていて、雨をしのぐことができました。雨でも思い切ってでかけてみなければ、何があるかわからないものです。

↓下左: アーケード
171027G 019アーケード43 171027G 036裏から流れ43
↑上右: 流れを裏から見ることができるテラス

↓下左: 四季の道遊歩道、↓下中: お城、↓下右: 水門川
171027G 039水門川34 171027G 022大垣城34 171027G 028四季の道34

↓下左: 記念館
171027G 038記念館43 171027G 043養老鉄道43
↑上右: 養老鉄道

 記念館では、小学生グループが行儀よく説明を聞いていました。一緒に3Dシアターの子供用プログラムを覗かせてもらいました。なかなかの出来。大人向けプログラムは何種類かあるようで、ぜひ全部見たいものです。(出張の合間でなければ・・・)

 松尾芭蕉の「奥の細道」は、発見を求める歩く旅。俳句と写真という表現手段は違うものの、展示を見ているとかなり親近感を持ちます。大垣で旅を終え、その後51歳で亡くなったそうですが、ちょうど今の自分に近い年齢。お爺さんというイメージを持っていた芭蕉が急に若く感じられるようになってしまいました。

撮影:2017年10月25日、岐阜県大垣市、Canon Powershot G10 (カメラG)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 野鳥 上谷戸 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 秩父 黒川 公園  都筑 タヌキ  植物  ふれあいの森 カモ 歴史  コサギ メジロ ツグミ 長峰 チョウゲンボウ ルリビタキ ヒヨドリ クモ  ホタル 猛禽 スズメ カエル 賽の神 はるひ野 桜ケ丘 京王よみうりランド  市民団体 多摩市 オタマジャクシ  稲城中央公園 震災 アオサギ 歩く道 小野路 周辺 夜景 花火  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車  キジ 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 オナガ  カラス 小田良 シロハラ アカハラ      

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード