西沢渓谷を歩く2017-0825

 
 渓谷を訪れるシリーズの第3弾は、秩父から山を越えて山梨県側の西沢渓谷へ。
 学生のころから行きたいと思っていたけど、混雑を恐れて機会を逃し続けていた場所です。

 
 秩父市内からのアプローチは、ほとんど信号のない国道を約45キロ、1時間の早朝ドライブ。雁坂トンネル普通車¥730の往復はちょっと高いけど、都内から高速道路を走ることを思えば安いし、何よりも渋滞知らずなのがうれしい。

 この日歩いたコースは、登りが渓谷に沿う道、帰りはトロッコ軌道跡をたどる一般的な探勝ルートです。
 スマホアプリ「MapMyHike」の地図画面で掲載します。歩いたのは、概ね↓こんなコースです。
MMH西沢渓谷170825BL
 行程はおよそ10キロ。所用時間は休憩を含めて約4時間でした。自分が下山した時には小学生を連れた家族連れの姿も見られましたが、早朝一人で歩いている時には、熊を恐れる気持ちが捨てきれない深い山の中。しかしながら、多くの人が訪れるコースをしばし独り占めする贅沢なひと時でした。

 この日の天候は曇り。気温は、歩行中(午前6~10時)、20℃を下回る涼しさ。下界の暑さとは別世界でした。

遊歩道を外れなければ、誰でも似たような写真になるとは思いますが、・・・・
↓下左: 流れのそばを進むスリリングな部分。
このように鎖などが整備されていなければ、一流の渓流探検家でなければ見ることのできない景色です。
170825E 046道32 170825E 048滝32
↑上右: 滝

↓下左: 道中、枝沢の清水に癒される。
↓下中: 七つ釜五段の滝
 七つ釜五段の滝は、渓谷美のフィナーレを飾るのにふさわしいスケールの大きな連続滝。水量は通常より多いようで、近づくと腹の底に響いてくる地響きのような振動を感じました。
↓下右: 踏み板が落ちて廃道になった吊り橋。
 映画やアニメで、主人公が勇気を出して渡った直後、悪者が追って来る前に落ちるシーンに出てきそう。
170825E 105枝沢23170825E 073七つ釜23 170825E 113吊り橋23

↓下左: 七つ釜五段の滝
170825E 085七つ釜32 170825E 107軌道跡32
↑上右: トロッコ用軌道跡
 帰り道は、85年前から50年前まで使われていた木材・硅石の搬出用トロッコ用軌道跡。塩山まで重力だけで下ったというのはすごくなだらかな下り坂だけのルートだったわけで、みごとな設計です。これを渓谷探勝歩道の帰り道に転用したアイデアもすばらしいと思います。
 アップダウンの激しい谷間の渓谷歩道から、一転して道幅が広く整備の行きとどいた道。なだらかな下り坂が続くので、何も考えずに足を前に出すだけで気持ちよく距離が稼げます。至福・癒し・セラピーという言葉が付くのにも納得です。

撮影日: 2017年8月25日
場所: 山梨県山梨市(旧・三富村)
機材: Canon-EOS70D(カメラE) +Tamron 18-270mm F3.5-6.3 (レンズT)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 野鳥 上谷戸 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 黒川 都筑 タヌキ  カモ 公園 長峰  コサギ 植物 ツグミ ふれあいの森 チョウゲンボウ メジロ  ホタル ルリビタキ 猛禽 稲城中央公園  ヒヨドリ 秩父 スズメ  市民団体 賽の神 歴史 カエル 桜ケ丘 京王よみうりランド  クモ  震災 多摩市 オタマジャクシ アオサギ 歩く道 花火 周辺 夜景 小野路  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車 キジ  はるひ野 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 オナガ  カラス 小田良 シロハラ アカハラ      

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード