猪之頭湧水群を歩く

 
 会社の制度を利用して10日間の休暇を取得することになりました。しばらく遠出をしてあちこちで歩いた記録を掲載します。
 初日のこの日は、静岡県・富士宮市北端の高原にある猪之頭(いのかしら)地区を歩きました。

 
 長期休暇にあたり、なるべく業務に支障ないよう考えた結果は6月。あちこちを歩きまわるには、あまりよい時期だとは思っていなかったのですが、今年はどうしたことか、ここまで本州はカラ梅雨気味。気温の高い日はあるものの、湿気のない初夏の陽気に恵まれています。

 スマホアプリ「MapMyHike」の地図画面で歩いたコースを掲載します。
MMH170616猪之頭


 猪之頭公園(吉祥寺ではありません)の駐車場に車を停め、陣場の滝まで往復で約5キロほどを歩きました。
 車を使うとバスや電車の時刻を気にしなくてよいのはいいけれど、車に戻らないといけないので、同じ風景を2度見ることになるのは痛し痒しです。

 この日の天候は晴れ、気温はおよそ23℃。
アメダス富士市観測所2017-0616
 標高700メートルだから海に近い観測所より気温は低いと思いますが、直射日光の紫外線はかなりキツく感じました。

↓下左: 水を張った田んぼと富士山
170616E 015水田と富士32 170616E 011山頂部32
↑上右: 山頂付近には時折雲が湧くも、概ねシルエットはクリアーでした

↓下左: 深い緑の中を流れ下る「陣場の滝」
↓下中: 沿道の花壇と富士山
↓下右: 贅沢に3筋作られた水汲み場
170616E 031陣場の滝23 170616E 038猪之頭地区>富士山23 170616E 034水場23

夏の富士山が真っ昼間になってもキレイに見えたのは貴重だったと思います。

撮影日:2017年6月16日
場所:静岡県富士宮市
機材:Canon-EOS70D(カメラE) +Tamron 18-270mm F3.5-6.3 (レンズT)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 野鳥 上谷戸 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 黒川 都筑 タヌキ  カモ 公園 長峰  コサギ 植物 ツグミ ふれあいの森 チョウゲンボウ メジロ  ホタル ルリビタキ 猛禽 稲城中央公園  ヒヨドリ 秩父 スズメ  市民団体 賽の神 歴史 カエル 桜ケ丘 京王よみうりランド  クモ  震災 多摩市 オタマジャクシ アオサギ 歩く道 花火 周辺 夜景 小野路  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車 キジ  はるひ野 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 オナガ  カラス 小田良 シロハラ アカハラ      

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード