皇居周辺を歩く2017-0107

 
 1月の土曜日、都心・皇居の北側から東京タワー付近まで歩きました。
 日本・世界各地からの観光客の方も多く、普段とはかなり違う旅になりました。

 
 この日歩いたコースをスマホアプリ「MapMyHike」の地図画面で掲載します。歩いたのは、概ね↓こんなコースです。
MMH170107皇居21
 地図右上の市ヶ谷駅のスタートから、靖国神社、皇居(北の丸公園、東御苑、皇居前広場)、日比谷公園、愛宕山、芝公園等を経由して、麻布十番駅のゴールまでおよそ11キロ、所用時間は休憩を含めて約3時間10分でした。

 この日の天候は晴れ、気温はスタート時におよそ5℃、ゴール時におよそ8℃でした。寒かったので、歩き終わるまで防寒ベストを脱ぐことができませんでした。
 >アメダス東京2017-0107
(偶然ですがこのアメダス観測施設のすぐそばを通りました)

↓下左: 水が少ない皇居北西側のお濠は薄く結氷していました@田安門
170107E 025堀@田安門32 170107E 036北の丸公園32
↑上右: 千鳥ヶ淵の東側には、まるで山の中のような別世界も@北の丸公園

 靖国神社、皇居と、国家的重要施設なので、警備の人がとても多いのにビックリ。2~3分に1人は会います。ごみひとつない風景は整っており、これなら犯罪は起こり得ないという安心感があり、常に誰かに見張られているという緊張感があります。

↓下左: こちらは水草の多い明るいお濠@北詰橋
170107E 045堀@北詰橋32 170107E 049二の丸32
↑上右: こちらも明るい樹林@皇居東御苑の二の丸付近

↓下左: 古城らしい風景も@南東側の桔梗堀
170107E 053桔梗堀32 170107E 074日比谷公園32
↑上右: ビル街と噴水@日比谷公園

 愛宕山神社では、まだ賽銭箱に行列ができていました。海外旅行から帰った都心住まいの人たちが遅い初詣?かもしれません。ガラス張りのエレベーターと高度感のある空中歩道みたいなものまであり、風景として面白いところです。

↓下: 都会には、タテ長の風景が多い
左から1: 大村益次郎の像@靖国神社
左から2: 高層ビルと去年のお守りのお焚きあげ@愛宕山
左から3: ガラス張りのエレベーター@愛宕山
右端: 東京タワーも健在@芝公園
170107E 012大村益次郎@靖国神社41 170107E 081お焚きあげ@愛宕神社41 170107E 086エレベ@愛宕山41 170107E 093東京タワー41

 今回のコースは都心でも、緑の多いルートをつなぐことができ、意外にも野鳥も多く見ることができました。>カモ類、コサギ、白鳥、ユリカモメ、ツグミ、アトリ(別途掲載予定)
 また、風景が小刻みに変わって刺激的であること、週末のオフィス街(今回は日比谷・新橋付近)では食料調達・昼食場所に困らず(店が多い割には人が少ない)、いつ中断してもそこいら中に地下鉄の駅がありすぐに帰れる気軽さもあり、都心コースならではの良さがあったかと思います。

撮影日:2017年1月7日
場所:東京都千代田区、港区
機材:カメラE+レンズT

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまみちあゆむ

Author:やまみちあゆむ
私は歩くのが大好きです。地形、動物、植物、歴史、産業、都市開発、住宅 等々、いろいろなものに興味を持って歩きます。人間が快適に歩ける道を求めて、あちこちを歩き回ってきました。発見した散策コースや、考えたことを書き綴ってみたいと思います。

最新記事
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

若葉台 野鳥 上谷戸 昆虫 建造物 開発 道路 坂浜 農業 京王街はぴ 稲城南山 黒川 タヌキ 都筑  公園 カモ 長峰  コサギ 植物 ふれあいの森 ツグミ チョウゲンボウ メジロ クモ ホタル  ルリビタキ 稲城中央公園 ヒヨドリ  猛禽  市民団体 桜ケ丘  賽の神 歴史 カエル オタマジャクシ スズメ  震災 多摩市 京王よみうりランド 歩く道 花火 周辺 夜景 小野路 アオサギ  京王 遅延 鉄道 ヘビ ザリガニ 運行情報 振替乗車 キジ  はるひ野 小田良の森 うさぎ バス ツバメ 樹木 秩父  カラス 小田良 オナガ シロハラ     アカハラ  

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード